日本語 English

出荷しない理由

幹部がタマユタカの契約産地に出張して、なぜ契約農家が出荷しないのか状況を報告してくれた。以下のようなことらしい;

(1) サツマイモの農家価格が例年より上がっている(理由は不明)

(2) その結果Matoborwaの価格より、仲買人の価格が良くなった

(3) 一方、弊社のフィールドマンは相場の値上がりを知っていた

(4) しかし日本にいる私に、値上げを言い出せなかった

(5) 契約農家からは、価格の見直しを要求されていたが、返事をなかった

(6) すでに収穫した農家には、収穫の当日まで値段について言わなかった

(7) そして収穫してトラックに積んでから、値段が据え置きであることを伝えた

(8) フィールドマンのこの対応が不誠実であると、他の契約農家は不満をもった

(9) その結果、連絡がつかなくなったり、他の業者に売ることを検討している

…というような状況らしい。サツマイモの市場価格は別途に確認しているけど、特に値上がりはしていない。だから、すこし疑問は残る。でも仮に報告が本当なら、契約農家に対して不誠実だと思う。

弊社のフィールドマンは、買い付けの経験が豊富だ。良い意味でも悪い意味でも。だから(6)(7)は、いかにも彼がやりそうだと思った。もちろん弊社では、そういうやりかたで農家から買ってはいけないと、彼も理解している。とはいえ他に思いつかなかったのだろう。厳しい資金繰りのなかで、トラックを借りたことも知っている。荷台がカラでは帰れないと思ったのかもしれない。

以上の報告を受け、その地域の農家からの買取価格を聞い、遜色ない価格に設定しなおし、フィールドマンに契約農家に価格の見直しを伝えるように指示した。干しいもの原価計算をした限り、どうにか飲める程度の値上がりだった。

同時にフィールドマンに、すでに支払いを済ませた契約農家にも、価格の見直しを伝えて差額を支払うように指示する。同時にフィールドマンの教育、契約農家とのコミュニケーションのありかた、契約価格が市場価格より低くなった場合の対応、こういう事態を未然に防ぐためにはどうしたらいいのか…いろいろ考えた。

なによりも「市場価格より下がっても、契約価格を守って出荷してくれた農家がいた」ということが、私には驚きだった。1人は幹線道路沿いの産地の農家で、売ろうと思えば簡単によそに売れる人だ。もう1人は僻地の産地の好々爺で、クラウドファンディングにもにコメントをくれた組合長だ。

そしてタンザニアに戻ったら、この2人に会いに行きたい。私たちは栽培契約を結ぶ。けど、それは農家が安心するために結ぶもので、相手を縛れるとは思ってない。そんな紙切れに頼らず、どうしたら農家の「気持ち」を掴めるのか…それが知りたい。

例えば産地に、Matoborwaの倉庫があればどうだろう?倉庫が村内にあって、農家はいつでもイモを出荷できる…という安心感は大切だ。それに、私たちが目指しているものは農家に伝わっているだろうか?やるべきことは、たくさんある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です